貝類 | 京都丹後の漁港から全国の厨房へ〜創業50年の目利きがお届けする魚と蟹|京都丹後 海鮮の匠 魚政

  • かに
  • 一夜干し
  • のど黒
  • 鮮魚
  • 貝類
  • えび
  • 加工品・その他
  • ギフト券
いらっしゃいませ ゲストさん カートを見る

トップページ > 貝類・うに(あわび、さざえ、岩牡蠣、うに、丹後とり貝) > 塩雲丹 (京丹後産)

丹後「塩雲丹」
濃厚なバフンウニを塩漬けに

ご注文フォームはこちら

塩雲丹は日本三大珍味のひとつ

濃厚なバフンウニを使用

夏の隠れた人気商品 塩雲丹(塩ウニ) 丹後の塩雲丹は、ウニの中でも濃厚な味わいの馬糞ウニを使用。
獲れ立ての馬糞ウニの卵巣を丁寧に取り出し、塩漬けします。簡単に言えば馬糞ウニの塩辛。
「このわた」(ナマコの卵巣)、「からすみ」(ボラの卵巣)と並んで、日本を代表 する三大珍味の一つでもあります。

漁期間はわずかな間のみ

丹後の馬糞うにの漁期間は、7月中旬から、8月上旬にかけての卵巣がもつとも熟成する極短い間だけ。この漁の為だけに素潜り漁が許されます。
100gの塩雲丹に必要な数は、100個前後と、かなりの量と手間暇がかかっています。

塩雲丹の魅力

製造方法

獲れ立ての新鮮な馬糞うにの殻から、丁寧に卵巣を取り出し、不純物を取り除き、 水気を切り、塩をまぶし、更に水気を切ります。一中夜半、涼しいところで熟成させ、 出来上がりです。

うおけんの塩雲丹製造現場 見学記はこちら

特徴と魅力

馬糞うには、元々濃厚な味わいですが、塩をする事によって更に旨みが凝縮し、見た目もきれいなオレンジ色になります。 味は、最初の一口は塩辛いですが、次第にまったりとした食感。そして磯の香りが口の中全体に広がります。 できたての塩雲丹は、うにの香りが立ちます。数ヶ月おくと身が更になじみ、まったりと雲丹の濃厚さが引き立ちます。年間通じて楽しめます。

塩雲丹の楽しみ方

熱々のご飯の上に。ご飯にまったりとウニの味がしみこんでいきます。また、そのまま日本酒の酒肴にどうぞ。ちょびりちょびりと舐める程度にお楽しみ下さい。
この他にも、調味料として、和え物やパスタソースのアクセントとしてもご利用できます。
※塩辛い物ですので、特に初めての方は、小量づつお召し上がりください。

商品内容について

商品内容 こちらの商品は、1瓶につき50g入りとなっております。
【新物】と【一年物】の2タイプご用意しております。

【新物】の特徴は、磯の香り豊かな新物。出来たての為、塩の味が少し際立ちます。

【一年物】の特徴は、時が経過する事で、ウニと塩が馴染み、口当たりも、まろやかになっています。

ご注文フォーム

塩雲丹(塩ウニ)

塩雲丹(1瓶 50g入り)

原材料:バフンウニ、塩
原産地:京都府京丹後産

商品を選択する
お届け方法 クール冷蔵便
賞味期限 約1年間
※製造者により、期間がまちまちですが、保存食でもあり、保管状態がよければ、かなりの期間大丈夫です。
保管方法 冷蔵、または、冷凍で。
開封後は、乾燥しないようにしてください。

新物は2016年8月1日着からのご指定より受付開始致します

商品名 価格 数量
【8月1日よりお届け】【新物】塩雲丹(塩ウニ) 50g入り 3,500円(税別)
【一年物】塩雲丹(塩ウニ) 50g入り 3,500円(税別)

ご贈答品の発送・梱包・熨斗紙について

ご贈答用梱包・熨斗紙の対応致します。

最高の状態でご贈答品をお届けできます。
お差し支えなければ、こちらからお届け先様にお届け日を伺ってから、ご都合に合わせて発送させていただきます。
贈り物をする際に、お届け先様のご在宅状況が分からない場合などにはご利用下さい。
高価な生鮮食品の場合には、新鮮なままお贈りすることができるので特に喜ばれております。
お気軽にお申しつけ下さい。

冷蔵品・冷凍品の同梱について

基本的に「冷蔵便」でお届けさせていただきます。

冷蔵品と冷凍品の同梱の場合は、基本的に冷蔵便でお届けさせていただきます。
品質保持の為、最大限の努力はさせて頂きますが、温度の関係上、多少解凍状態になります。
予めご了承ください。(品質には問題ありませんのでご安心ください。)
※冷蔵品と冷凍品を完全に分けて配送をご希望される場合は、別途送料をいただきます。

お急ぎの場合について

14時までに連絡いだだければ即日発送

京都丹後 海鮮の匠 魚政 フリーダイヤル 0120-72-0823 希望商品の在庫がある場合は、14時までに連絡いだだければ即日発送させていただきます。
この場合、ご注文の前には必ずお電話にてご確認の上、ご注文をお願いいたします。
但し、火曜日は定休日につき水曜日の到着指定はできませんので予めご了承下さい。

▲ページの先頭へ戻る