いらっしゃいませ ゲストさん カートを見る

京都丹後 カニと海鮮の匠 魚政トップ > 魚政について > 魚政のカニについて

- 松葉ガニ関連商品のお届けについて -

松葉ガニ関連商品のお届けに関する注意事項とお願いです。

詳しく見る

魚政のカニについて

松葉ガニ

匠の松葉ガニ「魚政BLACK」ブランドとして、最高品質の松葉ガニを保証してお届けさせていただきます。
※特撰タイプと少しリーズナブルなお徳用タイプがございます。

匠の松葉ガニ 魚政BLACKとは

丹後山陰沖の漁場で獲れた松葉ガニの中でも、曖昧な市場の基準と一線を画す「魚政基準」で厳選された良質な松葉ガニです。魚政BLACKは、赤いオリジナルタグが目印。

茹で松葉ガニ

茹での味は、店の顔。
蟹本来の味を楽しむには、茹で松葉ガニを。
茹で職人が専用の釜で丹念に仕上げた逸品です。

活け松葉ガニ

鍋や焼きは、活け(生)で。
発送直前に水槽から取り出し、品質を確かめ活きた状態でお届けします。

セイコガニ(セコ蟹、香箱ガニ、こっぺ)

松葉ガニの雌「セイコガニ」。小ぶりだが内子外子が美味で蟹の旨さを堪能。僅か11月12月だけの期間限定の味。
※特撰タイプと少しリーズナブルなお徳用タイプが御座います。

茹でセイコガニ(セコ蟹、香箱ガニ、こっぺ)

カニ通に最も人気の高い茹でセイコガニ。
内子外子の味を知り尽くしたご家庭では真似の出来ない絶妙な茹で加減が人気です。

活け(生)セイコガニ(セコ蟹、香箱ガニ、こっぺ)

セイコガニを活きたままでお届けします。
鍋や汁でどうぞ。

魚政のカニが選ばれる4つの理由

1蟹の本質にのっとり、見極める

数年前より、水揚げ港のブランド化と偽装を防ぐため、堅ガニとも呼ばれる松葉ガニには、タグが付けられるようになりました。一般的に品質を保証されているように書かれていますが、正直、基準が曖昧で、タグが付いているからといって、すべてが良い蟹ばかりではありません。

当たり前ですが、同じ海の中で育ち、自然だけの恩恵で生息しています。
カニの品質とは全く関係の無いタグの色や水揚げ港の違いだけで、「味」「品質」が異なるような表現をしている所もありますが、そのような事も全くありません。本質から外れた所で評価するのは、あきらかな間違いです。

商品として販売するには、評価する所は、カニそのものの個体差の良さ。つまり身詰まりの良い蟹をお届けする事です。タグが付けられる以前から、忠実に、ここにこだわり、取り扱い販売してきたので、自信を持って言える事が出来ます。

身入りの良いカニを見極め、蟹の本質にのっとり納得できるカニをお届けする。それが魚政の仕事です。

美味しい松葉ガニの条件とは、活きが良く、殻も固く、身詰まりがしっかりしている事。
このような蟹は、カニ味噌も甘く濃厚な味わいです。

ブランドとは、責任を持つ事

2020年より、匠の松葉ガニ「魚政BLACK」として、責任を持って販売お届けしています。

2徹底した水質管理と泥吐き処理と欠かさない点検

松葉ガニは泥地砂地に生息していますので、水揚げ直後は、体内にまだ多くの泥を含んでいます。そのため、泥吐き用水槽で1〜2日間程度泥吐き処理を行い、体内を浄化します。
カニは泥臭いと感じられている人もかなりおられますが、それは泥吐きもせずに、茹でたりしてお届けしているためです。
魚政のカニが、泥臭みや生臭みが少ないのは、この処理を丁寧に行っている証です。

泥吐き処理とカニ専用水槽での管理

松葉ガニは、低い水温しか生息できないため、鮮魚とは別の低温の特別な水槽が必要になります。
魚政では、泥吐き処理してから、常時安定してお届けするために、8機15層のカニ専用水槽で管理しています。

徹底した水質管理

水質にも気を配り、頻繁な海水の入れ替えに、毎日すべてのカニを水槽から取り上げ、体調を調べ点検すると共に、水槽の老廃物やゴミの除去を行います。酪農でも動物達の寝床が汚く不清潔なら、元気で健康な動物は育ちません。この作業は、松葉ガニの解禁日から3月の漁が終了するまで、休み関係無く毎日行っています。

3匠の技で茹で上げ

店により最も差が出るのは、茹での味。
魚政が長年多くの支持を受けているのは「茹での技術」「茹での味」があるからこそと自負しています。

美味しさの秘密は一度に大量に茹でること

魚政の茹で松葉ガニ、セイコガニの美味しさの秘密は、一度に大量に茹でること。そして、茹でた後の処理手当。
専用のステンレス釜に入れ、強力なバーナーで一気に沸騰させてから火を弱め、じっくりと味が馴染むように茹でていきます。大量に茹でることで滲み出てきた濃厚なエキスが、内部全体まで染み入り、蟹の旨味を更に増していきます。

茹で上がり後の処理の違い

蟹は「水臭い」とか、逆に「塩辛い」「匂いが気になる」など、そのような言葉を聞く事がありますが、それは茹で上がり後の処理の違いです。
簡単に長時間冷水に入れて、冷ますと共に汚れやアクをとる業者が多いのですが、それが「水くささ」となり、逆に手を抜くと「塩辛かったり」「匂いの原因」になります。特にセイコガニには外子・内子があるため、顕著にこの差が大きくなります。
魚政では、そのような事のないように、どんなに大量の松葉ガニやセイコガニも、全て一匹一匹丁寧に洗い、汚れ・アク・匂いの元を取っているため、水臭くなることも無く、塩加減もちょうど良いあんばいに仕上がります。

茹でに使用する塩は、地元産の天然塩

茹でに使用する塩は、地元産の天然塩。なぜなら、母なる海の塩が一番似合うためです。
ミネラルたっぷりの塩のお陰で、ほど良いあんばいとともに、あと口にもまろやかな味、甘みの余韻が残ります。

4見た目、梱包も大切に

贈り物にも需要の多い松葉ガニ。箱を開けた瞬間から喜んでいただけるよう、魚政独自の方法で荷姿や梱包を施して、それぞれの商品に適した形でお届けさせていただきます。

茹で松葉ガニには、出荷元の品質を保証するラベル付き。

活け松葉ガニは、元気に届くように、ゴムバンドで縛るなど。それぞれの商品に見合った最善の方法・梱包でお届けさせていただきます。

オリジナルの松葉ガニ加工商品についても、化粧箱 和紙など 品質を第一に見栄え良い梱包を心がけています。

「魚政オリジナルの調理レシピ」付きでお届けさせていただきますので、贈り物でも安心してご利用いただけます。