かに 種類で選ぶ | 京都丹後の漁港から全国の厨房へ〜創業50年の目利きがお届けする魚と蟹|京都丹後 海鮮の匠 魚政

種類で選ぶ

松葉ガニとズワイガニ、実は同じ種類のカニです。ズワイガニは地域によって呼び名が変わります。
山陰地方では主に「松葉ガニ」、北陸地方では「越前ガニ」、その他の地域(北洋産外国産)ではそのままズワイガニと呼ばれています。
※北洋とは太平洋北部、オホーツク海、ベーリング海等の事をいいます。

ズワイガニと松葉ガニの違い

足の長さが違う
ズワイガニの中でも、他の産地の物(北洋産外国産)と比べ、足が長い事。
甲羅に黒い斑点が付いている
この正体は、海ヒルの卵ですが、全く害は無く、産卵場所が無い為に蟹の甲羅に寄生している物と考えられています。全ての蟹に付いているわけではありませんが、この黒い斑点が、同じ日本海でも特に丹後沖の蟹には、たくさん付いています。
カニの身の繊維とカニ味噌
松葉ガニは、身の繊維質の入り方一本一本が、繊細で美しく、成熟したかに味噌はとても甘く濃厚です。

違いが生まれる理由

丹後・山陰のカニ

茹で蟹
茹で松葉ガニは、蟹本来の味をもっとも楽しめる調理方法です。松葉ガニを初めて購入される方は、まずはぜひ茹で蟹を味わってみて下さい。
活け蟹
活け松葉ガニはその名の通り、水揚げされたままの活きた蟹のことです。お刺身や、しゃぶしゃぶ、かにすきなどの鍋や焼き蟹はこちらの蟹からお選び下さい。
セコ蟹
松葉ガニのメスであるせいこ蟹。主に味噌、内子、外子を楽しんでいただくのに適しています。
加工品
手軽にお召し上がりいただける、調理済み、加工済みの商品。活け蟹の捌きサービスも行っております。

ズワイガニ

カニスキセット
北洋産(ロシア、カナダ、北海道)のズワイガニ。
カニシャブセット
北洋産(ロシア、カナダ、北海道)のズワイカニ。

徹底比較 他店舗と魚政の松葉ガニの違い

ページトップへ